マイナス金利導入と不動産投資

日銀黒田総裁のマイナス金利導入発表によって、REIT(RealEstateInvestmentFund)等への不動産投資に注目が集まっています。

では、なぜ不動産投資に注目が集まっているのでしょうか?第一に、マイナス金利導入に伴って、これからはますます利益の出る投資先がなくなってきたということです。

すなわち、銀行に預金をしてもほとんど利息がつかない、ことによると手数料を取られて損をしかねないという状況ですし、株式市場も最近は変動幅の激しい不安定な様相を呈してきています。


そういう中で、家賃収入が確実に手に入る不動産投資に注目が集まったということなのです。
第二に、不動産は高価な買い物となりますので、その購入には借入資金がよく利用されます。

最近のシノケンハーモニーの評判の情報ならこちらで掲載されています。

そして、マイナス金利導入によって、この借入資金の利率が史上最低水準に下がるということが予想されている訳なのです。



ですから、このマイナス金利導入は不動産ビジネスにとっては業績を押し上げる要因として働くことになります。



このような二つの要因が重なって、これからは不動産分野への投資だというトレンドとなり、証券会社などではREITに関するセミナーなどが近頃頻繁に開催されるようになってきています。

もちろん、今までもREITに関するセミナーは折に触れて開催されていた訳ですが、今回のREITに関するセミナーは証券会社が全社的に展開するもので、力の入れ方が違うと言っても良いのではないでしょうか。